イニオ 成分

MENU

イニオ(INIO)の成分にはどんなものが使われている?

イニオの成分

口臭に悩む方、というより他人の口臭がきつくて自分はどうだろう?とわが身を振り返る方、多いですね。

 

今回、イニオ(INIO)という口臭予防サプリメントをあるのをご存知でしょうか?

 

なんとこのイニオ(INIO)、口臭の根本からその原因を突き止め、そこにアプローチをかけていくというかなり効果が絶大なものです。

 

しかも現在、かなりの人気で品薄になっているとか。

 

このイニオ(INIO)の成分を詳しく知りたいと思い、徹底的に成分を調べてみました。

 

成分が凄いと心配になるのが副作用です。

 

では同時にこのイニオ(INIO)の成分と副作用について調べましょう。

 

ではこのイニオ(INIO)の成分と副作用の有無についてどうぞご覧ください。

 

イニオ(INIO)の成分はどんなもので副作用はでるの?

ほとんどの方がイニオ(INIO)を飲みだして人付き合いが怖くなくなったといいます。

 

これは、イニオ(INIO)を飲む前はかなり口臭が気になっていたり、ひそひそ話で口臭があると言われているような気がする、と消極的だったりと悩みがあった方が口をそろえていうことです。

 

なぜ、ここまでイニオ(INIO)の効果が絶大なのでしょうか?

 

そして副作用が出る成分は含まれているのかな?

 

イニオ(INIO)の開発者たちはとことん口臭の原因に向き合ったそうです。

 

口臭の原因は身体からでなく、発生源は口だということを突き止め、ここにアプローチをかけたとのことでした。

 

口臭に原因は口の中の細菌のバランスだそうです。

 

口の中の菌のバランスが取れていると、息がすっきりとしているそうですが、筋のバランスが悪いと口臭がきつくなるのだとか。

 

だから、歯磨きだけでは口臭防止にはならないそうです。

イニオ(INIO)の主成分はスーパー乳酸菌でした

この口内の細菌バランスに注目したイニオ(INIO)の開発者たちですが、使用したのはスーパー乳酸菌のロイテリ菌!

 

このスーパー乳酸菌のロイテリ菌が菌のバランスを整えてくれて口臭予防に役立っているのです。

 

このロイテリ菌の特徴ですが、身体に留まる力が強力で独自の抗菌物質を産出し、胃酸や胆汁に強く、副作用がないというありがたい菌でした。

 

普通の乳酸菌は胃のなかに入ると強烈な胃酸の洗礼を受けてほとんどが死滅してしまいます。

 

ですから、胃酸に強い乳酸菌は滅多にないのです。

 

更にラクトフェリンを配合されていました。

 

このラクトフェリンはダイエットサポート成分としても注目されていますが、悪玉菌にパワーをかけて口内の菌のバランスを整えてくれるそうです。

 

またなた豆茶エキスのカナパミンがトラブルを防いでくれます。

 

ここで納豆由来のアミノ酸、ポリグルタミン酸も配合されていますので、乾きがちな口内を潤してくれるサポートをしてくれるとか。

イニオ(INIO)の効果 内側から

口内の菌のバランスが悪いと口臭の原因となりますが、内側からもイニオ(INIO)はアプローチを更にかけてくれます。

 

デオアタックと言って、植物由来のポリフェノールを配合し、悪臭菌を捕まえてケアしてくれるそうです。

 

更に善玉菌の相性がばっちりのシャンピニオンエキスも配合されています。

 

これは世界各国のエチケットサプリには欠かせない大人気の成分とか。

 

ここまで成分がしっかりしているのですからもはやイニオ(INIO)は無敵サプリメントかもしれない!

 

副作用の報告は全く今まで出ていないそうです。

 

気になる方は売り切れも予想されていますのでお早めに公式サイトをチェックしてくださいね。

 

>>イニオ(INIO)の最安値はコチラ